FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.12 (Thu)

稲刈り&脱穀のご報告③

収穫2日目!
早朝から、昨日やり残した部分を手で刈っていきます。
2日目から参加してくれた女性陣!最近はノギャルって言葉があるらしいですね…

blog_P9270367.jpg
みなさん真剣にレクチャーを受けています。



引き続き、やり残した脱穀を行いました。
blog_P9270366.jpg
美味しいお米をいただくために、頑張ります。


作業もひと段落、今回、お昼は地元の方々に作っていただきました!
地元のお野菜で作ったおかずは最高です。
blog_P9270359.jpg



午後からは、脱穀したもみをトラックへ移します。
コンバインは脱穀機能だけでなく、こんな機能まであるんですねー。
本当に便利な時代です。
blog_P9270369.jpg
今年の収量の多さがわかります。



夕方には何とか、今年の稲刈り&脱穀(はざ掛け分以外)を無事終えることが出来ました。
機械を手配いただいた大橋さんに感謝しつつ、2日目メンバーで記念撮影。
blog_P9270383.jpg


今年も一年、千葉でのあみたんぼ作業が終わりました。

獲れたお米は参加メンバーへの配布と、残りは東京アミタオフィスであみたんぼ米ランチ
として、事前にご予約いただければ、美味しいお米を食べることが出来ます。
ご興味のある方は是非、こちらのブログへコメントいただくか、直接あみたんぼメンバーへ
お問い合わせください!
スポンサーサイト
00:00  |  ほうこく  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2009.11.11 (Wed)

稲刈り&脱穀のご報告②(いまさら・・・)

こんにちは、フカツです。
またまた長らく更新をサボってしまい、ほんとスイマセン。(謝)
とりあえず、2009稲刈り&脱穀のご報告が途中だったので、続きをUPいたします。


これまで、あみたんぼは田植えから刈り取りまで手作業で行ってきたので、
参加者はみんな、機械なしの大変さを身にしみて分かっていました。
だからこそ、人の十倍以上の速さで稲を刈り取るコンバインを見て、
農業の機械化にさらに感動を覚えたのです!

手刈りの様子
(端っこはやはり手で刈りとります)

…とはいえ、結局、田んぼの端のほうは人の手で丁寧に刈り取る必要があります。
刈り取った稲は早速、おだがけをして天日干しに。

はざ掛け ※または小田掛けともいいます
(はざ掛け、または小田掛けともいいます)

昨年は全ての稲を天日干しにしましたが、今年はあまりに収量が多いため
地元の農家さんの力を借りて、乾燥機で乾かします。
※お米の水分を15%程度にしなければ、長く保存が効きません。

3時間ほど作業をした後、昼食タイム。
お腹が減っては農作業はできません!
blog_P9260314.jpg


午後からは、刈り取った稲穂をコンバインで「もみ」と「茎(稲わら)」に分けていきます。
昨年は、ハーベスタの故障で深夜まで作業するといった大変な目に遭いましたが、今年は
順調にいきそうです。
blog_P9260343.jpg
(手を巻き込まれないように気をつけて作業します)



夕方4時には作業終了。
初日でなんと3枚ある田んぼの2枚が刈り取りと脱穀までが終わりました。

blog_P9260357.jpg
(初日の参加メンバー、後ろのはざ掛けと里山の風景がとってもマッチしてます。)

テーマ : エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

00:00  |  ほうこく  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.11.10 (Tue)

稲刈り&脱穀のご報告①

どうも!ふかつです。
とうとう今年のあみたんぼも稲刈りが終了しましたー!・・・って
ずいぶん経ってからのご報告ですいません。

ついに収穫の時期、遂にたくさん実ったお米を刈りとる日が来ました。
今回は2日間に渡って、2反分を刈りとります。
初日は10人、二日目は16人が参加してくれました。

昨年はすべて手狩りでしたが、今年は農業機械の凄さも味わってみようと
全体をコンバインで刈り取り、畦の周辺などは手で刈り取ります。
まずは上段の田んぼから。
一束をしっかりと掴み、一気に「ざくっ!」という音を楽しみながら刈り取っていきます。
この音を聞くと一年間頑張ってきた思いをしみじみと感じることができるのです。

豊作です


手狩りを始めて約一時間。ついに、コンバイン登場!
あみたんぼの先生である大橋さんがご自身のコンバインをわざわざ持ってきてくださったのです。
この井関農機製コンバインは刈り取りから脱穀までを一気にやってしまう優れもの。
あっという間に刈りとってしまいます。

blog_P9260347.jpg
いつになく真剣な大橋さん

テーマ : エコロジーライフ - ジャンル : ライフ

01:06  |  ほうこく  |  トラックバック(0)  |  コメント(27)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。