FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.05.22 (Fri)

あみたんぼ米の宅配ランチ、登場!

こんにちは。あかりです。今日はあみたんぼ米ランチのご紹介!

今週から週に2回、火曜と木曜に、昨年度のあみたんぼ米を使ったランチがアミタ東京本社で食べられるようになりました。

(このランチ、アミタ以外でも、一定数の注文があれば宅配可能です。詳細は最後に!)

amitanbomai1.jpg
(具たくさんカレーの日)

自分達で作ったお米を自分達で食べる。

東京に住んでいると、口にする食材はすべてお店で買うのが当たり前になっていて、こういうのはかえって贅沢な体験というか、ちょっと幸せな気持ちがします。

そして、あみたんぼ米ランチはとってもヘルシー!「株式会社結わえる」という会社にご協力をいただいて実現したこのお弁当には、3つの特徴があります。

■寝かせ玄米

 昨年、あみたんぼで取れた無農薬米をヘルシーな玄米でいただきます。

 玄米を炊いてから、3~4日熟成させるという『寝かせ玄米』は、もちもちした食感。

 小豆と一緒に炊くことで美味しさ倍増!手間のかかったこだわりご飯です。

■一汁一菜弁当

 昔から日本人が食べていた一汁一菜のメニュー。毎日のおかずは具沢山の大鍋料理。

 使用する野菜は有機無農薬野菜!皮も根っこもみんな美味しく食べられます。

■厳選された天然素材

 有機無農薬野菜に加えて、大鍋料理の出汁はすべて天然原料でとっています。

 調味料も無添加、伝統製法のものをしよう。着色料、保存料などは一切使用していません。

昨日、木曜日のおかずは具だくさんのココナッツミルクの風味が効いたカレーでした。

結わえるさんのカレーは初めて食べましたが、これ美味しい!

amitanbomai2.jpg
(ご飯の色がすてき)

火曜、木曜日と食べた人の感想は?

 ・メタボなおっちゃんには材料も量もちょうどええわ。

 ・寝かせ玄米美味しい。カレーにもこんなにあうとは思わなかった。

 ・ご飯そのものに味があって、それだけ食べても美味しい!

 ・非常に美味しい。ご飯のつぶつぶ感がいい。

 ・タイカレーとの組み合わせは、タイの人にも食べてほしいほどイケてる。

 ・化学調味料に慣れた舌にはちょっとパンチがないと感じるかもだけど優しい味で美味しい。

などなど。非常に好評です!(^^)v


amitanbomai3.jpg
(Oさん。「おいしいです。田んぼも行ってみたいです」)

お値段は、並盛690円、大盛り750円とランチとしてはちょと高め。

でも手間暇かかって健康にも良いものなので、週に1~2回くらいは自分の身体にいいものを取り入れよう、と思っています。



このあみたんぼ米ランチ、一定数の注文があれば他の会社にも宅配可能ですので、あみたんぼメンバーも、それ以外で寝かせ玄米に興味のある方も、気になるなーという方はご連絡下さい。afujimoto@amita-net.co.jp (アミタ藤本)

今、あみたんぼメンバーが3名いる隣の会社さんでもご利用くださっています。ありがとうございます!

来週のメニューは、火曜日が「あげあげ肉じゃが」、木曜日が「パンプキンイエローカレー」♪
スポンサーサイト
13:10  |  そのた  |  トラックバック(0)  |  コメント(69)

2009.05.18 (Mon)

あみたんぼご飯に新風を・・・

こんにちは。あかりです。



先週水曜日の夜、デコポンの大橋さんに誘われて、

武津兄さんといっしょにナチュラルアートさんという会社の交流会に参加してきました。



ナチュラルアートさんは、農作物等の生産・加工及び販売や

農業コンサルティングをされている会社で、
交流会には、生産者の方や新規就農を考えていらっしゃる方、

流通、小売に携わられている方など80名以上が参加されていました。



ナチュラルアートの鈴木社長や、参加者の皆様にご紹介いただき、

楽しくおしゃべりさせていただいたのですが、それもモチロン素敵だったのですが、

一番嬉しかったのは、会場で出たお料理の美味しさ!



美味しいっ!味付けももちろんですが、そんなに濃い味なわけではなくて、

野菜やお肉の味がちゃんとする感じ。

やっぱりそれぞれの食材の味の特徴とかを知って料理されてるのかな・・・



あみたんぼでも、旬の食材を使ってみんなで作る手料理を

楽しみの一つにしておりますが、ううーん、確かに、

同じ野菜でも季節や産地や種類による味の違いを勉強するとか、してないなぁ。

せいぜい新玉ねぎをまるまる煮て食べるとか、そのくらい。



今度から、野菜の食べくらべとか、旬ならではの調理法とか、

あみたんぼでも試してみよう!

と思った夜でした。



まずは7月のホタル鑑賞会かな?

色んなトマトの味を生かしたレシピを調べて食べくらべしようかしら・・・

12:08  |  そのた  |  トラックバック(0)  |  コメント(27)

2009.04.24 (Fri)

あみたんぼ発案者より

こんにちは!「あみたんぼ」の発起人の小林悦子と申します。

思い返してみますと、私が「みんなで田んぼをやりたい!」と言い出したのがかれこれ3年ほど前になります。最初は右も左も分からぬまま手探り状態で始めたこの集いですが、あれよあれよという間に多くの方のご協力を得て、このような集いの場となりました。私自身、「やると言ったはいいけれど、参加者は集まるのだろうか・・・。会社の皆さんの理解は得られるのだろうか・・。」と、かなり不安なスタートでした。ですが、蓋を開いてみると、こんなにもたくさんの方がご協力くださりご参加くださり、こうして3年目を迎えることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

と同時に、やはり田んぼというものの持つ、人と人とをつなげる力、人と自然をつなげる力を再認識した次第です。「あみたんぼ」を通じて愛を育まれたカップルもいます。お子さんの環境教育の場として利用してくださった方もいます。誘われてとりあえず1回参加してみるつもりが気づけば欠かせない仲間になってくださった方もいます。とにかく「あみたんぼ」には色々な方々のドラマ詰まっています。まだ「あみたんぼ」に参加したことのない皆様はぜひ一度参加してみてください。新しい出会いがあるかもしれませんよ。「あみたんぼ」仲間の皆様は、これからも末永くどうぞよろしくお願い致します。

IMG_1826_blog.jpg
(初期のメンバー)

ところで、私の思う「あみたんぼ」の魅力とは・・・

① 毎回の活動プログラムやご飯の内容がカッチリ決まっていないため、参加者している人の力によってどうにでもなるところ。

② 自然の中で美味しいご飯が食べられるところ。

③ いつでもウェルカムで、すぐに仲良くなれるところ。

④ 他の参加者のことも、田んぼのことも、ほっとけない!ところ。 などなどでしょうか。まだまだあるけれど、とりあえず今日のところはこんなところで。またお会いする日まで。

P6160209_blog.jpg
12:58  |  そのた  |  トラックバック(0)  |  コメント(23)

2009.04.01 (Wed)

今年のあみたんぼ

こんにちはアミタの武津(ふかつ)です。

はじめましての方もいらっしゃいますが、あみたんぼ運営幹事をしております。

さて、ふたつ目の記事ということで、私からは昨年までのあみたんぼと今年のあみたんぼについて書きたいと思います。

昨年は、フィールドを成田空港付近から千葉県匝瑳(そうさ)市にある里山に移しました。田んぼ面積を一反から三反へと広げ、匝瑳市の自然豊富な周辺環境や里山の中にある素敵なアトリエ、地元アルカディアの会の方々との出会いなど、一年目には味わえなかった楽しみを感じることができました。

blog_vol2.jpg


今年のあみたんぼはアミタの田んぼとして更に進化を遂げるべく、


①冬季湛水

②不耕起栽培

③地元の方々との親交

以上3点を目標に活動したいと考えています。冬季湛水は冬の間も水を張ることでイトミミズや微生物が育ち、土壌の表面にトロトロ層を作ります。また、酸素を遮断することにより雑草の成長も抑制してくれるのです!そして、不耕起栽培は、田起こしや代掻きをせずに稲を栽培する農法です。自然のままの太い稲が育ち、冷害にも強くて、大きく美味しいお米が実るのが特徴で、さらにCo2削減にも効果があるようです。


今年はあみたんぼ周辺の地域活動にも積極的に参加していく予定!週末に若いメンバーが訪れると地域の方々はとても喜んでくれますし、私たちも地元の方々からいろんなことを教えていただいています。

地元の人々とのつながりを強めて、お米と共にもっとたくさんの笑顔を田んぼで作りたいと思っています。 こんなことがしたいというアイディアがあれば、ぜひコメントで!
10:14  |  そのた  |  トラックバック(0)  |  コメント(42)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。